QRコード

2009年06月15日

歌舞伎とワインとシャンピニオン

日曜日はTTDの重鎮こと星河先生とひさびさの観劇デートでした。
重鎮をお待たせしないように待ち合わせ場所に早く行ったつもりでしたが
トイレに寄っていたら遅くなり、出たらりなが待っていた!ごめんなさ〜いあせあせ(飛び散る汗)

さてさて、りなといえば日本舞踊、バレエ、プリン、ひこにゃんとかいろいろあるけど
この日はコレ、歌舞伎です。私は歌舞伎はこれで2回目。
前回もりなのお誘いでスーパー歌舞伎を観に行きました。

今回の作品は『NINAGAWA 十二夜』
以前から気になっていたので期待して行ったんですが
いやぁ、想像以上に素晴らしかったですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
シェイクスピアと歌舞伎って合うんですね〜るんるん
和と洋が違和感なく出会った食材を蜷川演出というこれまた違う畑の
シェフが腕を揮って料理したなんとも贅沢な作品でした。

主人公の女性が乗った船が難破し双子の兄と生き別れになり、
女性は身を守るため男装して暮らすことに。
格好は男の人なのに中身は女性の役をもちろん歌舞伎ですから
男性の役者さんが演じるわけです。これだけで面白いんですよ。
その上、例のあの早替えにまた心奪われました。
同じ役者さんが、えっどんなトリック?っていうくらいの素早さで違う人になって登場するアレです。
双子の役をひとりの役者さんが演じていたんです。
他にも二役をやっている方がいらしてはじめはまったく気づきませんでした。
派手な舞台装置と煌びやかな衣装に決して負けない役者さんのもの凄い存在感に
圧倒されっぱなしの3時間はあっという間でした揺れるハート揺れるハート揺れるハート
ひとつ残念だったのは、原作を読んでいなかったため筋を追うことで
自分がいっぱいいっぱいだったことですね。
ぜひもう一度ゆっくり腰を落ち着けて観たいですね。

それにしてもあの『○○屋!』って客席から声をかける人のタイミングは絶妙です。
いつ練習してるんだってくらい見事な間合いるんるん
すっかりお芝居の中に溶け込んでいるんですよね〜。

そして観劇のあとはお茶しながら2人でしゃべるしゃべるしゃべるしゃべるダッシュ(走り出すさま)
銀座を少しぶらぶらした後しげさんと合流、パエリアのおいしいお店、
『エル・チャテオ』に行きました。
入口がキレイな青で、店内のオブジェもスペイン風な太陽と風のイメージ晴れ
日曜の夜だというのに満席です。
りなオススメのシャンピニオンのセゴビア風のスープにパンを浸したら
さあたいへんどんっ(衝撃)めまいがするほどのうまさです。たまらん揺れるハートがく〜(落胆した顔)揺れるハート

画像-0002.jpg

しばらくするとかなもやって来てメインのパエリアも出てきて
4人で食べる食べる食べる食べるダッシュ(走り出すさま)あんまり夢中でパエリア撮るのを忘れ....あせあせ(飛び散る汗)
さらにここでもうひとつうまいもん発見exclamation×2
ブランコなんちゃらという白ワインのジンジャー割りです。
ワインとジンジャエールがこんなに合うなんて
まるで歌舞伎とシェイクスピアのようでしたとさ(笑)

ええ!心も体もよろこんだ素敵な休日でしたとも!....てか食いすぎ?たらーっ(汗)

りな、ありがとう!また誘ってねわーい(嬉しい顔)
posted by YOH at 15:25| Comment(0) | TTD関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする