QRコード

2013年03月22日

5.オレンジの点滴 その2(2008年5月〜9月)

※これはつづきものです。このカテゴリの最初の記事からお読みください。

髪の毛が全部抜けたので、いっそのことスキンヘッドを楽しもうと思った。
こんなことでもなければ一生ツルツルにすることなんてないだろうし(笑)
楽しみすぎ?(笑)ハゲも悪くない。
Picture 032-1.jpg
Picture 016-1.jpg

頭って意外と汗かいてるのね〜新発見!!
おまけに眉毛もまつげも薄くなったから汗が目を直撃する。
部屋の中でも汗だくにならない通気性の良い帽子を探していたら
帽子屋(そのまんまかい!)という帽子のお店に出会った。
メールで細かくやりとりをしてすごく親切に相談に乗ってくれた。

注射をうつ血管が硬くなり、褐色に変わってきた。
080902_1.jpg

気がついたらいたるところに痣ができている。
080903_.jpg

爪にはストライプ模様ができた。
080907_3.jpg

時には手や白目が黄色くなったがもう気にしてもしかたない。
ビリルビンという肝機能の数値が高いことがあるのが関係しているみたいだ。
特異体質のようで検査したが、結局ハッキリした原因はわからなかった。

いろんな症状に慣れてきたが、まだまだコワい出来事があった。
血管が弱くなると聞いていたのに、うっかり熱い湯船に入ってしまい、
血圧が上がったときいきなり毛細血管が切れた。
左の人差し指に何かで強打されたような衝撃と痛みが走り紫色になった。
痛みはすぐなくなったが、またなるかもしれないという恐怖は拭えない。

心臓にも負担がかかる。心臓の圧迫感は1日数回あった。
すぐなおるときもあれば、1時間くらい続くときもある。
苦しいわけではないが、血液がドッと心臓に押し寄せてくるような感じで
痛みもあるので怖ろしい。
電車の中でなったときは、優先席に”抗がん剤治療者”枠を
設けてほしいと真面目に思った。
これから、それらしい帽子を被っている人には優しくしようと思う。

治療中に主治医から気をつけるよう云われた3か条

1.風邪を引かない…体の抵抗力が落ちるため肺炎になりやすい。
2.怪我をしない…血小板が減るため血が固まりにくい。
3.蚊に刺されない…同じく抵抗力が落ちるため菌に負けやすい。

1と2は守れたが、夏だったので3はさすがに無理だった。

9月になり、長い長い4ヵ月が終わった。
副作用も少しずつなくなり薬との戦いは終りかと思われたが…。

NEC_0153.jpg

つづく
ラベル:抗がん剤 乳がん
posted by YOH at 12:40| Comment(0) | 病気のこと その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。