QRコード

2017年09月05日

疑い晴れて…。

術後9年の検査を受けたが、結果がいつもとは違った。
手術した側と反対側の胸に7mmのしこり、半年前の検査では何もなかったところだ。
マンモとCTはスルーしたのにエコーで見つかった。
場所や大きさや質の違いで写ったり写らなかったりするらしい。

新しいガンかもしれない…暗雲立ち込める…。

いや、これは全然あっておかしくないことだしむしろ想定内のはず。
ひとつの節目である術後10年を目前にして少し気が緩んでいた自分が愚かに見えた。
今まで何もなかったからこれからもないとは限らない。

しこりに直接針を刺して調べる細胞診をした。部分麻酔のプチ手術だ。
最終的に良性か悪性かを確実に見極める方法はこれしかないという。

3週間待たされた結果、悪性ではないということがハッキリした。
正体は脂肪種。悪性に変わる心配はなく時が経つと無くなるものらしい。
「脂肪種です。」と言われたときの私の反応は、よかったー!ではなく、
「えーーっ!」だった。全身の力が抜けた…。

悪性だとしても7mmの段階で見つかったら死ぬことはないと主治医は言う。
しかし、最悪を想定して頭と心がパンクしそうなほど無い知恵を絞り、いろんな考えを
めぐらせていたので、この3週間は絶賛拷問中だった。
今入っている仕事への責任、周りへの迷惑を最小限に食い止めるにはどうしたら
よいか、経済的負担のこと、諦めきれないイベントのことなど。
そして、いやでも襲ってくる抗がん剤体験の恐怖…命には代えられないが
あの治療をもう一度やるのかと考えただけでとても平常心ではいられない。
もしも抗がん剤をやらなくても治す方法があるなら、それと引き換えに死ぬほど苦手な
絶叫マシーンに何百回でも乗れるだろう。まあ、本当に死んだら元も子もないが…。
結果が出るまで考えてもしょうがないこととわかっていてもひたすら考え続けた。

ええい!もういいかげん腹を括れ!と自棄になり、できる限りの戦闘態勢を整えて
ドアを開けたら…敵ではなく味方が微笑んで立っていた…。
の、「えーーっ!」だったのだろう。苦痛から解放された私は家に帰り大爆睡した。

長い長い3週間が過ぎ去った…今回はたまたま結果がよかっただけ。
これからも気を抜かず、生活習慣を見直しなさいと言われているのだ。
「死なせない程度の早期で見つけて治療する…それが僕の責任だから。」
と、さらっと言ってくれる主治医は相変わらず私のヒーローだ。アリガトウゴザイマス!!

ということで、なんだかヒドイ風邪ひいた〜!!目鼻喉節々ぜんぶイタイ(関係ないわっ!)
体調管理も大切な仕事のひとつだね。(説得力もないわっ!)

ちょっとだけ休ませてください。すぐに元気に出動します。
「生かす」という仕事に尽力してくれている人がいる…有難う…「有難さ」が身に沁みる。

DSC_3881a.jpg
ラベル:乳がん
posted by YOH at 12:14| Comment(0) | 病気のこと その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。