QRコード

2017年09月21日

『愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜』

プリエールプロデュース『愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜』を観て来ました。
「愛しのドラム」とは、バンド ザ・フルーツのドラム担当 井之上隆志さんのことです。

愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜a.jpg

ザ・フルーツのメンバーは、青井リンゴ(春風亭昇太師匠)、大木バナナ(六角精児さん)、
桜井チェリー(中島淳彦さん)、メロン→ペペ伊藤(井之上隆志さん)の4人。
時は1970年頃。一世を風靡したグループサウンズの人気にも翳りが見え、
フォークソングブームが新時代を築きはじめていた頃、すでにGSの波すらもつかまえ
損ねてしまっていた男たちに次々と荒波が押し寄せて…。

居酒屋トークがきっかけで誕生したキュートなおじさんバンドのお話「ザ・フルーツ」の第2弾。
前回のお話で、ライブ当日突如バンドを抜けてしまったドラムのメロンの穴を埋めるために
急遽メンバーになった事務所の社長であるペペ伊藤が行方不明に!?
唯一楽器が達者なペペを欠き、客のご機嫌を窺いながらなんとか頑張っている3人のもとに
ペペ伊藤の娘かもしれないという伊藤ペペ子(絶対そうだろっ!/笑)という女性が現れ、
メンバーたちを巻き込んでてんやわんやの大騒ぎ。

前回、メンバーたちを欺き更に悪事を重ねようしたところ、京プラの32階から転落したにも
かかわらず生きていた!(ちょっとホラー!)インチキイベント屋 島津が、謎の外国人になって
登場し、のちに奇妙な悪の生命体へと変身を遂げる(やっぱりホラー!)
島津役の津村知与支さんは今回もお約束の黒い全身タイツが似合いまくりでした(爆!)

今作で”今野ただし”という本名が判明したザ・フルーツ唯一のファンクラブ会員
会員bP3番を再び演じるのは照屋実さん。照屋さんのザ・フルーツ愛はますます熱い!

主人公 青井リンゴこと青井たもつに無償の愛を捧げる母に福島マリコさん、
アコーディオンを素敵に奏でる事務員兼マネージャー中泉役の清水ゆりさん、
伊藤ぺぺ子を演じる池田愛さんと、新キャラクターの女優陣が加わり舞台は華やかに。
それからフルーツ初のダンスシーンはダンボールダンス!(新ジャンル!?/笑)
そしてそして、まさかの舞台上での派手?なカーチェイス!(アクションもあり!?)
それも、ベンツと軽トラとスーパーカブって…笑いすぎてお腹痛いわっ!!
セットも道具も衣装もいちいち可愛かったデス♪

ラストのライブではやっぱりドラムセットが登場しましたが、ペペ伊藤は姿を現さず…。
…井之上さんが叩いていたドラムを見た瞬間、涙が溢れて止まりませんでした。
その前にラジカセから流れてきた井之上さんの歌声にいろんな場面がよみがえりました。

井之上さんがこれほどまでに皆に愛されていたんだと感じる嬉しくもせつない瞬間でした。
これからも井之上さんはザ・フルーツとともにある。
ここに来ればいつでも井之上さんに会える…そう思えるステージでした。
ありがとうございます…ありがとうございます。

井之上さんの歌声満載のCDは、お三人の直筆サイン入り!完全保存版です。

愛しのドラム_CD2a.jpg

愛しのドラム_CD1a.jpg
ラベル:ザ・フルーツ
posted by YOH at 12:13| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。