QRコード

2017年09月22日

『ザ・フルーツLIVE』

♪ザ・フルーツ 音楽LIVE♪
9/13(水) 於:赤坂レッドシアター

お芝居を観た2日後、今度はライブを観にまたレッドシアターへ。

【ザ・フルーツ】
青井リンゴ(春風亭昇太):Vo.Gt.Hca
大木バナナ(六角精児) :Vo.Gt.Ba
桜井チェリー(中島淳彦) :Vo.Gt.

【サポートメンバー】
吉田さとる〔オールスタッフ〕:Key.
パール島津(津村知与支) :Dr.

【セットリスト】
1.フルーツのテーマ
2.クレイジーラブ
3.いつのまにか恋
4.パパ パパン〔縞へび〕
5.煙突〔縞へび〕
6.ゲストコーナー
7.メンバーの好きな曲(1曲ずつ)
8.ディーゼル〔六角精児バンド〕
9.里帰り〔縞へび〕
10.オリエンタルラブ
11.クレイジーラブ ←リベンジ?(笑)
12.スーツでGO!

アンコール
*愛しのドラム*


客席は終始ノリノリでした。
GS全盛期のようなサビの黄色い悲鳴は半ば強制でしたが…(爆!)

ゲストコーナーでは、山口良一さんが吉田拓郎さんの『落陽』を歌い、
井之上さんの話を聞かせてくれました。

メンバーの好きな曲コーナーで六角さんが歌った沢田研二さんの
『時の過ぎゆくままに』素敵だったなあ!
パール島津の劇中での歌とダンスもまた見られて嬉しかった!

全体の半分近くがトークだったといえばちょっと大袈裟かもしれませんが、
メンバーが皆自由すぎて楽しくておもしろくて笑いっぱなしでした。

みなさま、公演中のライブ、本当にほんっとーにおつかれさまでした。
また会いに行きます…もちろん井之上さんにも…。

ザ・フルーツ音楽LIVEa.jpg
ラベル:ザ・フルーツ
posted by YOH at 12:20| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

『愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜』

プリエールプロデュース『愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜』を観て来ました。
「愛しのドラム」とは、バンド ザ・フルーツのドラム担当 井之上隆志さんのことです。

愛しのドラム〜ザ・フルーツ2〜a.jpg

ザ・フルーツのメンバーは、青井リンゴ(春風亭昇太師匠)、大木バナナ(六角精児さん)、
桜井チェリー(中島淳彦さん)、メロン→ペペ伊藤(井之上隆志さん)の4人。
時は1970年頃。一世を風靡したグループサウンズの人気にも翳りが見え、
フォークソングブームが新時代を築きはじめていた頃、すでにGSの波すらもつかまえ
損ねてしまっていた男たちに次々と荒波が押し寄せて…。

居酒屋トークがきっかけで誕生したキュートなおじさんバンドのお話「ザ・フルーツ」の第2弾。
前回のお話で、ライブ当日突如バンドを抜けてしまったドラムのメロンの穴を埋めるために
急遽メンバーになった事務所の社長であるペペ伊藤が行方不明に!?
唯一楽器が達者なペペを欠き、客のご機嫌を窺いながらなんとか頑張っている3人のもとに
ペペ伊藤の娘かもしれないという伊藤ペペ子(絶対そうだろっ!/笑)という女性が現れ、
メンバーたちを巻き込んでてんやわんやの大騒ぎ。

前回、メンバーたちを欺き更に悪事を重ねようしたところ、京プラの32階から転落したにも
かかわらず生きていた!(ちょっとホラー!)インチキイベント屋 島津が、謎の外国人になって
登場し、のちに奇妙な悪の生命体へと変身を遂げる(やっぱりホラー!)
島津役の津村知与支さんは今回もお約束の黒い全身タイツが似合いまくりでした(爆!)

今作で”今野ただし”という本名が判明したザ・フルーツ唯一のファンクラブ会員
会員bP3番を再び演じるのは照屋実さん。照屋さんのザ・フルーツ愛はますます熱い!

主人公 青井リンゴこと青井たもつに無償の愛を捧げる母に福島マリコさん、
アコーディオンを素敵に奏でる事務員兼マネージャー中泉役の清水ゆりさん、
伊藤ぺぺ子を演じる池田愛さんと、新キャラクターの女優陣が加わり舞台は華やかに。
それからフルーツ初のダンスシーンはダンボールダンス!(新ジャンル!?/笑)
そしてそして、まさかの舞台上での派手?なカーチェイス!(アクションもあり!?)
それも、ベンツと軽トラとスーパーカブって…笑いすぎてお腹痛いわっ!!
セットも道具も衣装もいちいち可愛かったデス♪

ラストのライブではやっぱりドラムセットが登場しましたが、ペペ伊藤は姿を現さず…。
…井之上さんが叩いていたドラムを見た瞬間、涙が溢れて止まりませんでした。
その前にラジカセから流れてきた井之上さんの歌声にいろんな場面がよみがえりました。

井之上さんがこれほどまでに皆に愛されていたんだと感じる嬉しくもせつない瞬間でした。
これからも井之上さんはザ・フルーツとともにある。
ここに来ればいつでも井之上さんに会える…そう思えるステージでした。
ありがとうございます…ありがとうございます。

井之上さんの歌声満載のCDは、お三人の直筆サイン入り!完全保存版です( T T )

愛しのドラム_CD2a.jpg

愛しのドラム_CD1a.jpg
ラベル:ザ・フルーツ
posted by YOH at 12:13| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

これからもずっと…

『ザ・フルーツU』のお知らせを見つけ、チケット発売日を手帳に書き込んだ矢先、
…突然の訃報…まだ現実を受け止められないままでいます。
一瞬目の前が真っ暗になり、何度も何度も記事を見て所属事務所のコメントも
読んだけど、どうやっても信じられなくて、一晩寝て起きたら夢だったということに
なってないかなって思って…。

井之上隆志さん…この世で一番の憧れ、尊敬、崇拝…
どんな言葉を以てしても一言では言い表せない大きな大きな存在。

昨年10月、楽しみにしていた『雪まろげ』を観に行ったら井之上さんが出てなくて、
体調不良でお休みしていると後で知りました。
とても心配でしたが、その後復帰したと聞いて安心していたのに…。


20年前、カクスコをはじめて観たときの衝撃は今でも忘れられません。
そこには6人の役者さんがまるでリアルに生活しているかのような空間がありました。
「演じています」というヘンな圧迫感がなく、自然にお話に入っていける。
私が探し求めていた世界がたくさん広がっていて、いっぺんに虜になりました。

カクスコ解散後、数々の舞台に引っ張りだこの井之上さんをずっと追っかけました。
元々好きで通っていた加藤健一事務所を始め、劇団道学先生、グループ る・ばる、
花組芝居、ヴォードビルショーなどの劇団やユニットに加え、普段あまり観ることの
ないとても大きな劇場のお芝居にも出会えて世界がどんどん広がりました。

本当に芸達者な井之上さん…役者の顔、バンドマンの顔、たっっっくさんの引き出し、
舞台で毎回自分の知らない井之上さんに出会えることが、驚けることが、
嬉しくて楽しくてたまりませんでした。

井之上さんはいつも眩しすぎて、何度近くで拝見しても常に遠い遠い存在でした。
でも、本当に遠くに行ってしまうなんて、もう舞台が観られないなんて信じられない…
もうないのかな?もしかしたらいつかあるかも!というカクスコ復活の夢も…
悲しすぎる…。56才って…早いよ…早すぎる…。


井之上さん…まだ信じられないけど…本当にありがとうございました。
まだまだまだまだ井之上さんの背中は見えないけれど、足元にも及ばないけれど
ほんの少しでも「役者 井之上隆志」に近づけるように日々努力する力をいただきました。
これからもずっと大大大ファンです。

素晴らしい役者さん、井之上隆志さんのご冥福をお祈り申し上げます。
posted by YOH at 12:33| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

『おもろい女』

井之上隆志さんが出演している『おもろい女』を観てきました。
昭和初期に大活躍した漫才コンビ ミス・ワカナと玉松一郎を
藤山直美さんと渡辺いっけいさんが演じています。
天才漫才師と言われながらひとりの女性としても
太く短くまっすぐに生き抜いたワカナの波乱に満ちた生涯。

井之上さんは、ワカナ・一郎の師匠と他2役をしていました。
コントのような小ネタがたくさん盛り込まれている喜劇なので
井之上さんの魅力大爆発です(笑)
あんな大きな舞台でも輝きを放っていて眩しいのなんのって!!
あ!頭じゃないですよ。確かに○○ネタはお約束ですが(笑)

笑えて泣けるエンタテイメントの王道は理屈抜きで面白いです。
直美さんといっけいさんも大好きな役者さんなので、
観ているだけで、空気を感じているだけでしあわせでした。
posted by YOH at 12:18| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

ザ・フルーツ in 亀有

ザ・フルーツのライブというかお芝居を観に、かめありリリオホールへ行きました。
昨年4月に下北沢駅前劇場で観た舞台の再演です。

『ザ・フルーツ』というのはバンド名。
メンバーは、青井リンゴ(春風亭昇太師匠)、大木バナナ(六角精児さん)、
桜井チェリー(中島淳彦さん)、ペペ伊藤(井之上隆志さん)。
何度観ても素敵で可愛くて可笑しくて哀愁漂うオジさまたちです。

全体的にパステルカラーのセットがとても可愛らしくて、
オジさまバンドとのギャップがたまらなかったですね〜(笑)

このお芝居、なんでも居酒屋トークで飛び出した企画なんだそうですが、
この方々が揃って飲んでいるなんて、それだけで楽しそうですもんね。

ギリギリ世代じゃないけど、い〜な〜GS。
あっガソリンスタンドじゃないですよ。グループサウンズです、ハイ。

詳しい感想は前回から。
posted by YOH at 12:03| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

『不便な便利屋』

4月から、井之上隆志さん見たさに観始めたドラマが予想以上に面白い。
テレビ東京で金曜日深夜にやっているドラマ24『不便な便利屋』だ。

岡田将生さん扮する脚本家の竹山は、高速バスで富良野に向かう途中、
吹雪に遭い足止めを食らってしまう。
仕方なくバスを降りて辿り着いた先は田舎町のコスプレ居酒屋。
そこでなぜか大歓迎され、飲んだ翌朝目覚めたところは森の小屋の中。
そこは、店で出会った松井(鈴木浩介さん)と梅本(遠藤憲一さん)が
経営する便利屋の事務所だった。
財布や携帯などすべてが入ったリュックを失くしてしまった竹山はどこにも
行けず、便利屋の仕事を手伝うことに…。

井之上さんは、梅本の幼なじみで市役所職員の桂沢役でレギュラー出演。
第2話には、柳沢慎吾さんがゲスト出演!!
実は私、慎吾さんのひとり警察24時が大好きで、何度見ても大笑いしてしまう。
この回は、誘拐事件?が起きるというので慎吾さんは欠かせない(笑)

そして、エンディングテーマはスピッツの「雪風」♪
作家の鈴井貴之さんと相思相愛のマサムネさんが、番組のために書き下ろした。
マサムネさん曰く、「九州育ちの男が、妄想力フル稼働させて作った
バンド史上初?の記念すべき雪ソング」だそうな。

テレ東さん、私のために作ってくださってありがとうございます!!(違うから/笑)
これは奇跡だ!!もう、一週間が待ち遠しくてたまらない!!
posted by YOH at 12:07| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

「あつ苦しい兄弟〜港のふたり編〜」

劇団道学先生「あつ苦しい兄弟〜港のふたり編〜」を観てきました。
2012年に上演された「あつ苦しい兄弟」の第二弾。
日本中がフィーバーしていたあの時代、田舎の港町で暮らす人々に
都会の波が押し寄せる…。

中島淳彦さんの描く”人間”は皆とっても必死でチャーミング!!
今回もほんわか、にんまり、時々ゲラゲラと楽しませてくれました。
青山勝さんと村田雄浩さんの兄弟は、期待を裏切らず
やっぱりあつ苦っしかったぁ(笑)

こんなに歌い踊る道学先生は初めてで、また違った魅力を発見!!
すぐ目の前で井之上隆志さんがギターを弾き語り、福島勝美さんが
釣りをする(どんな状況?/笑)という贅沢な1場面も堪能しました。

かわいい劇団道学先生「あつ苦しい兄弟〜港のふたり編〜」は、
東京芸術劇場 シアターイーストにて、2月15日(日)までかわいい


猫『STYLE FREE vol.10』 ただいま出演者激しく募集中exclamation×2
経験不問。稽古に体験参加してみたいという方も、
とりあえず、見学だけしてみたいという方も、
お気軽に稽古場にあそびにいらしてください。お待ちしています。

詳しくはこちらをクリック! ↓
http://www.geocities.jp/tennen_dessert/bosyu/bosyu_001.htm
posted by YOH at 12:25| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

ザ・フルーツ

下北沢駅前劇場で、Space Pond #3 『ザ・フルーツ』 を観てきました。

時は1970年頃。一世を風靡したグループサウンズの人気にも翳りが見え、
フォークソングブームが新時代を築きはじめていた頃、
すでにGSの波すらもつかまえ損ねてしまっていたバンド『ザ・フルーツ』。
乗れてもいない波にしがみつき、新たな波に揉まれながらもがき続ける男たちの
笑いと笑いと涙と笑いでいっぱいのせつな〜くおかし〜いものがたり。

春風亭昇太師匠、中島淳彦さんの企画で始まった『ザ・フルーツ』のメンバーは、
青井リンゴ(昇太師匠)、桜井チェリー(中島さん)、大木バナナ(六角精児さん)、
そして、ライブ当日突如バンドを抜けてしまったドラムのメロンの穴を埋めるために
急遽メンバーになった事務所の社長、ペペ伊藤(井之上隆志さん)の4人。

この濃いメンバーに、さらにモダンスイマーズの津村知与支さん(濃さbP/笑)、
『ザ・フルーツ』のチョ〜熱烈なファン、ファンクラブ会員bP3番(照屋実さん)
の2人が加わり、もの凄い個性のぶつかり合い!!
こんな大変な波の中、紅一点しっかりと地に足をつけ凛としているマネージャー役の
趣里さんは、若くて可愛い女優さんなのにたくましいなぁとヘンなところに感心(笑)

真面目にアホをやっているオジサンたちは本当に楽しそうで、いたずらっこみたいで
その哀愁と可笑しさ、そして可愛さといったらなかったです。

ラストは、舞台奥にドーンとドラムセットが出現し、コンサート会場に早替わり。
公演終了後には、アンコール曲のおまけまで付いて客席もノリノリでした。

何年ぶりかに井之上さんのドラム(ギター弾き語りも!)生演奏が聴けて嬉しかったです。
歌っている井之上さんを見ると、どうしてもカクスコを思い出さずにはいられませんが、
もちろんそれも期待して行ったので、いろんな楽しみ方ができました。
そうそう!照屋さんの津軽三味線も渋くてすごく素敵でした。

帰りにCDも買わされ…いや、喜んで買いましたよ!(笑)家で聴いたらまたウケた。
全曲中島さんのパクリ風オリジナル曲です(笑)
中島さんは、作、演出、作詞、作曲、出演と大活躍でした。

ああ、せめてこの波の飛沫だけでもいい、いつか自分の力となって潤いますように。

the_fruits_cd.jpg
posted by YOH at 12:02| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

真夏の夜の祭

小宮孝泰さん主催 ”「ごらく亭」の夏休み2
役者達による落語とお座敷芝居や演芸の会 その参” へ、
井之上隆志さんの落語を聞いてみたくて出かけました。
落語、漫才、芝居、ものまねと盛りだくさんで、まるで夏祭り💠
3時間は少し体力的に厳しかったですが、かなり楽しめました🎵
 
井之上さんの「代書屋」は期待通りで笑いっぱなしでした⤴
上方落語なんですが、関西弁があまりに自然だったため、
井之上さんが関西人ではないということを忘れてしまって観てました。
そして、まさかの”エアーで羽織を脱ぐ芸”は絶品です(爆!)
他にナイロン100℃の松永玲子さん、Studio Lifeの曽世海司さんなど
舞台で活躍中の個性豊かな役者さんが落語を披露。
中でも松尾貴史さんの「神も仏もアルマジロ」は語り口が絶妙でした✨

お座敷芝居は、丁稚役の小宮さんがご主人におつかいを頼まれ、
訪ねていく道すがら、いろんな人に声をかけられるという設定。
この道行く人たちが役者さんたちだ。
小宮さんは、台本にはないセリフにアドリブで返す。
どう来るかわからない球をとにかく打つ。
これって公開エチュードだね〜オソロシイわ〜😞

落語の話に戻りますが、挨拶から本題にスッと移っていく切替えの速さ、
役から役への自然な心の運びスイッチは、いったいどうなってるんだろう?
へっぽこ役者の私には、難易度が高すぎてさっぱりです👀
とにかく、読み聞かせの練習をうんと積むことでしょうね。
もっと「ことば」というものに敏感になって、
「ことば」と真剣に遊べる役者になりたいです。

そうそう、油断してるとやられますよ〜ウクレレえいじさんに(笑)
マニアックすぎてわかりにくいものまね。
本当に全然わからないけど、なんだか笑っちゃうという
可笑しなマジックにハマっちゃいます。

真夏の夜の不思議で素敵なお祭りでした🐱
みなさま、おつかれさまでした。楽しいひとときをありがとうございました。
posted by YOH at 12:14| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

観劇そしてカクスコのこと

私が崇拝する舞台人、井之上隆志さんが出演している
『六月燈の三姉妹』を観てきました。
カクスコが解散してからも井之上さんの舞台を追っかけ続けています。
今回もまた井之上さんの底知れない魅力にハマってしまいました。
そして共演の辺見えみりちゃんとはしのえみちゃん、
めちゃめちゃ可愛かったなぁハートたち(複数ハート)揺れるハートハートたち(複数ハート)(そっち?)
お二人ともタレントさんだと思っていましたが、大人なお芝居ができる
素敵な女優さんでしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

晴れカクスコとの出会い
カクスコが解散してもう7年になるんですねぇ。時が経つのは早いダッシュ(走り出すさま)
カクスコは言わずと知れた伝説の劇団。井之上さんはそのカクスコのメンバーでした。
決してカッコ良くない(ゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗))男6人のおバカな日常を描いた
リーダー中村育二さんの脚本はとてもリアルで、メンバーたちがあたかもそこで
生活しているかのごとくお話が展開してゆく。
観客を、そうそう!こういうことあるある〜!という気持ちにさせ笑いを呼ぶ。
カクスコに出会ったとき、私が目指すものはコレだーっ!と確信しました。
会話があまりにリアルなので即興満載なのかと思いきや、基本的にアドリブはナシと
聞き、アレは全部計算され尽くしたものなのかと驚いたものですがく〜(落胆した顔)
そして素晴らしいのはお芝居だけじゃない!劇中にお約束で披露されるアカペラるんるん
歌の上手さもさることながら6人の息は本当にピッタリ!普段の仲の良さが成せる業
なのでしょう。この名物アカペラを聴きに足を運ぶファンも多かったでしょうね〜。
決してカッコ良くない(まだ言う?たらーっ(汗))人たちなのに歌っていると別人、そのギャップが
またいい揺れるハートそしてなにより気持ちに嘘のない演技目
水曜座時代、わが師匠によく言われた言葉でしたが、カクスコに出会って
それがはじめてわかった気がしました。
もう二度と観ることはできないであろうカクスコの生舞台を体感できたことは
私の財産です。
てか、再結成してほしいんですけどね、期間限定でもいい....見たいexclamation×2
posted by YOH at 12:05| Comment(0) | 井之上隆志さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする