QRコード

2018年12月03日

☆M-1グランプリ 2018☆

今年もM-1が終わってしまって気が抜けています(笑)
霜降り明星、優勝おめでとうございます!!
ノンストップなアクション漫才は爆発力が凄かったです。
ミキの敗者復活にものすごくワクワクしました。
今大会のネタ中一番笑ったのはジャルジャルでした。
そして、大好きな和牛の魅力を再確認できました。

皆様おつかれさまでした。幸せな時間をありがとうございました。
一晩寝ても頭の中では、ドネシアとゼンチンが…(爆)
posted by YOH at 12:45| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

千代田区コーラスフェスティバル

千代田区コーラスフェスティバルに参加してきました。
ご来場いただきましたお客様、ありがとうございました。

5月からお世話になっているコーロ・カミーノの一員として歌わせていただきました。
すごく広くて天井の高い日経ホールで歌えるってなんて贅沢!!
とても開放的な気持ちになりました。

たくさんの団体の皆さんの素敵な歌声が聴けてますますコーラスが好きになりました。
私も心に届くいろんな意味での『ええ声』が出せるようになりたいので、
今後もレッスンに参加して精進します。

みなさま、おつかれさまでした。ありがとうございました。

IMG_20181023_123356a.jpg

写真はコーロ・カミーノホームページより
Coro-Cammino-1-500x320.jpg

1曲目 Ave Verum Corpus
2曲目 ミュージカル「レ・ミゼラブル」より 民衆の歌


『うたう』の像(江戸川区南葛西)
うたうa.jpg
posted by YOH at 12:41| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

さよなら東京タワー水族館

東京タワー水族館が9月一杯で閉館!!というニュースを見て初めて知った!!
東京タワーの中に水族館があったという事実!!もう〜早く言ってよ〜(笑)

ということで、さっそく行ってまいりました。
…ええ、こんなに行ってるのに気づかなかった私も私ですが、ええ、たしかに地味です。
珍しいコたちがたくさんいるのに、こんなにひっそりしているなんてもったいない!!

20180922_東京タワー水族館_01a.jpg

20180922_東京タワー水族館_02a.jpg

20180922_東京タワー水族館_03a.jpg

20180922_東京タワー水族館_04a.jpg

20180922_東京タワー水族館_05a.jpg

20180922_東京タワー水族館_06a.jpg

グリーンモレイ(海水熱帯魚)

20180922_東京タワー水族館_07a.jpg

オオグソクムシの抜け殻

20180922_東京タワー水族館_08a.jpg

20180922_東京タワー水族館_09a.jpg

20180922_東京タワー水族館_10a.jpg

パロットファイヤー(アジア・オセアニア熱帯魚)

20180922_東京タワー水族館_11a.jpg

ポルカドット・スティングレイ(北・南アメリカ熱帯魚)

20180922_東京タワー水族館_12a.jpg

ワニガメ(アフリカ)

20180922_東京タワー水族館_13a.jpg

20180922_東京タワー水族館_14a.jpg

ハリセンボン

20180922_東京タワー水族館_15a.jpg

はじめましてでさようならになっちゃったけど、このコたちどこにもらわれて行くのかな?
新地でみんなに愛されますように。元気でね!
posted by YOH at 12:24| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

『カメラを止めるな!』

『カメラを止めるな!』は笑いが止まらない!観終わったあとの爽快感がたまらない!
こんなタイプの映画観たことない。ああ、これ以上云えない、云わない、云いたくない。
とにかく観てほしい。なるべく情報を入れないで観てほしい。観てーーーーーーっ!!
posted by YOH at 12:06| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

行船公園 自然動物園

コモンリスザル…どっちが檻の中かわからないくらいめちゃくちゃ興味津々でこっち見てくる。

20180818_行船公園_01a.jpg

オオアリクイ…落ち着きがない(笑)ずっと同じところを早足でグルグル回ってる。

20180818_行船公園_02a.jpg

カメさんの集会…水から頭だけ出してるコが可愛い。

20180818_行船公園_03a.jpg

脱皮したあとの蛇の皮、ほしーい!(笑)中身はどこに!?

20180818_行船公園_04a.jpg

ベネットアカクビワラビー…お尻のラインがたまらんわ〜♪でも触ったら間違いなく戦い挑まれるね(怖!)

20180818_行船公園_05a.jpg

コウノトリ…常にツンとしてる(笑)

20180818_行船公園_06a.jpg

フンボルトペンギン…このあと…

20180818_行船公園_07a.jpg

全員こうなった!

20180818_行船公園_08a.jpg

意外と愛想良し^^触れそうなほど近くまで来るからテンションあがる〜♪

20180818_行船公園_09a.jpg

そして、この日イチものすんごいシャッターチャンスが訪れたーっ(驚!)ダダンッ!!
もうびっくり!だって後ろに明子姉ちゃんいるんだもの。それとも古葉監督!?(懐かしー/笑)

20180818_行船公園_10a.jpg

ヤギのしおちゃんデス♪チョー人懐っこくてずっとなんか話しかけてくる。

20180818_行船公園_11a.jpg

メエエエ…近すぎるってぇ〜かわいすぎるってぇ〜(笑)

20180818_行船公園_12a.jpg

帰路に就き乍ら、今度行ったら年間パス…いや、ここは無料…そう!こんな素敵な空間が無料だなんてシンジラレナイ…
posted by YOH at 12:38| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

水族館の涼 その2

お正月以来、7ヶ月ぶりに葛西臨海水族園に行ってきました。

マグロたちの泳ぎは迫力満点!見ていると落ち着くんですよね〜。そしてお腹が空く。
子供連れのお父さんがマグロの水槽の前で「寿司食べに行こうか?」って言ってました。
やっぱりね。私だけじゃないんだ(笑)

20180814_sea_life_park_01a.jpg

そんなこと言いながらなんなんですが…美しく愛らしいお魚さんたち(説得力ゼロ)^^;

20180814_sea_life_park_02a.jpg

20180814_sea_life_park_03a.jpg

20180814_sea_life_park_04a.jpg

20180814_sea_life_park_05a.jpg

20180814_sea_life_park_06a.jpg

20180814_sea_life_park_07a.jpg

20180814_sea_life_park_08a.jpg

20180814_sea_life_park_09a.jpg

20180814_sea_life_park_10a.jpg

20180814_sea_life_park_11a.jpg

20180814_sea_life_park_12a.jpg

プロジェクションマッピングを観たかったのに今年はやっていないのね、残念。
テラスで少し座って待ってたんだけど何も始まりそうもないし、飲んでたカルピスが入った
紙コップを強風に倒されそうになったからあわてて退散(笑)

20180814_sea_life_park_13a.jpg

夜の水族館は幻想的でとてもステキでした。

20180814_sea_life_park_14a.jpg

帰路に就きながら、今度行った時は年間パスポート買うぞっ!とやっぱり思う。

20180814_葛西臨海公園_01a.jpg
posted by YOH at 12:40| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

水族館の涼 その1

半年ぶりのサンシャイン水族館。

ペンギンのおみくじが置いてあったのでひいたらなんと”凶”!!また凶!?
写真撮って結んで置いてくる。なぜか笑える。こんなに続くぅ?(イラスト可愛い/笑)

20180811_sunshine_01a.jpg

ペンギンに癒され

20180811_sunshine_02a.jpg

20180811_sunshine_03a.jpg

20180811_sunshine_04a.jpg

20180811_sunshine_05a.jpg

お魚たちに癒され

20180811_sunshine_06a.jpg

20180811_sunshine_07a.jpg

20180811_sunshine_08a.jpg

20180811_sunshine_09a.jpg

クラゲに蛙にトカゲにカメに癒され…

20180811_sunshine_10a.jpg

20180811_sunshine_11a.jpg

20180811_sunshine_12a.jpg

20180811_sunshine_13a.jpg

20180811_sunshine_14a.jpg

20180811_sunshine_15a.jpg

20180811_sunshine_16a.jpg

20180811_sunshine_17a.jpg

仕上げはプラネタリウムで…結局癒されてばかりの一日でした(笑)

20180811_sunshine_18a.jpg

帰路に就きながら、今度行った時は年間パスポート買うぞっ!と思う。
posted by YOH at 12:52| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

THE☆ネタ座

先週末、新宿角座で行われた松竹芸能のお笑いライブ 『 THE☆ネタ座 』。
おなじみの芸人さんたちですが、今回はほとんどが初めて拝見するネタで
お腹痛くなるくらい笑わせてもらいました。
自分の好きなネタをまた観られるのもテンション上がりますが、初めて観る
時のわくわく感もまたたまりません。ネタ後のトークもおもしろかった〜♪
皆さま、お疲れ様でした。楽しい楽しいひとときをありがとうございました。

エンディングは撮影OKということで、集合写真を激写しました!
出演は、TKO オジンオズボーン なすなかにし うしろシティ 紺野ぶるま 
三日月マンハッタン コーヒールンバ ピーマンズスタンダード 駆け抜けて軽トラ

20180421_THE☆ネタ座a.jpg
posted by YOH at 12:23| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

東京国立博物館

上野にある「トーハク」こと東京国立博物館へひと月ぶりに行ってきました。
この日は特別展をやっていない日で、朝一ということもあり空いていて、
広い館内を行きつ戻りつ休みつつゆっくりと観て楽しむことができました。
ものすごく高い天井で解放感を感じさせながら厳かな雰囲気を漂わせている。
国宝、重要文化財を日本で最も多く所蔵する博物館の建物は、やはりどこか神秘的です。

tohaku_01.jpg

今回一番の目的、歌川国芳の浮世絵をゆっくり眺めたあと、
鎌倉時代の毘沙門天立像、縄文時代の土偶、古墳時代の埴輪、重要文化財の鷲置物、
明治時代、ウィーン万国博覧会出品作の頼光大江山入図大花瓶などに心惹かれて、
いろんな時代にタイムトラベルできる空間を満喫しました。

途中、テラスへ出られるところがあり、昔話のセットのような眺めを観たら
庭園開放の日にまた来てみたくなりました。

tohaku_02.jpg

上野動物園の門前を通ってトーハクに向かう途中の広場では寒緋桜が満開でした。
カンヒザクラは初めて見ましたが鈴蘭のように下を向いて咲くんですね。
小さい花が鈴なりで色も可愛くて見入ってしまいました。下から写真撮る撮る!首痛い(笑)

kanhizakura_1.jpg

kanhizakura_2.jpg

噴水の向こう側に見える夥しい数の赤いものは、シャンシャン用の列を作るカラーコーン!
アイドルのコンサートかと思ったワ。アイドルには違いないけどね。お祭り騒ぎだ(驚!)

funsui_1.jpg

funsui_2.jpg

博物館を出ると、朝まだ蕾だった桜が少し開いていて、春の足音が大きく聞こえてきました。

20180317_桜蕾a.jpg

樹齢130年のユリノキに圧倒されながら、すぐにでもまた来たいと思うのでした。

yurinoki.jpg


☀ただいま東京天然デザートでは、6月公演の出演者を激しく募集中!!
同時に、公演に向けてのワークショップ(3月・4月)の参加者も募集!
”ワークショップにだけ参加したい。” ”とりあえず体験参加したい。”
”稽古を見学してみたい。”という方も大歓迎!
経験は問いません。熱い気持ちを抱えたあなたのご応募をお待ちしています!

詳細  ⇒応募フォーム

応募はメールでも受け付けています。
tennen_dessert@yahoo.co.jp

その他、ご質問がありましたら上記までお気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします!!
posted by YOH at 12:22| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

サンシャイン水族館

サンシャイン水族館へ行きました。

ふらっと行ったら、運良くちょうどパフォーマンスタイムに遭遇!!
ダイバーのお姉さんが水槽の中で皆にごはんをあげるのです。
バレンタイン仕様ということで可愛いピンクのハート型でしたが、あっという間になくなっちゃいました。

20180205_sunshine_03a.jpg

お姉さん襲われる!の図(笑)

20180205_sunshine_02b.jpg

ずっとちっちゃいエイが、ひらひらと愛嬌ふりまいてて可愛かったぁ!

20180205_sunshine_04c.jpg

20180205_sunshine_05d.jpg

20180205_sunshine_06e.jpg

小さすぎてよくわからないけど、よ〜く見るとこのコたちもクラゲの仲間。

20180205_sunshine_07f.jpg

透け透けな体のトランスルーセントグラスキャット。不思議〜♪

20180205_sunshine_08g.jpg

20180205_sunshine_16h.jpg

20180205_sunshine_18i.jpg

このコはずっと鏡に映った自分と向き合ってました(笑)

20180205_sunshine_17j.jpg

ウーパールーパーというのは通称で、正式な名前はメキシコサラマンダー。
仮面ライダーの怪人みたいな名前(驚!)

20180205_sunshine_19k.jpg

イカの行進。口が尖った魚にも見えるネ^^

20180205_sunshine_20l.jpg

ハーイ、ここからは完全に自分の好みに走りまーす(笑)

20180205_sunshine_09m.jpg

20180205_sunshine_10n.jpg

20180205_sunshine_11o.jpg

20180205_sunshine_12p.jpg

20180205_sunshine_13q.jpg

20180205_sunshine_25r.jpg

20180205_sunshine_30s.jpg

20180205_sunshine_14t.jpg

20180205_sunshine_15u.jpg

そして最後は、空飛ぶペンギン!!
泳いでいるペンギンを下から眺められるコーナーがあるのです!

20180205_sunshine_21v.jpg

水族館…何度も訪れたい神秘な空間、憧れの場所。

20180205_sunshine_01w.jpg
posted by YOH at 12:44| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

読書の冬!?

ただいま激しく読書中!今さら池井戸潤さんにハマってます。
本当に今さらですよ〜数々の作品がドラマ、映画化されている超売れっ子の直木賞作家ですから。

大好きな役所広司さん主演の『陸王』を毎週楽しみに観てるのですが、お話の展開が読めなさすぎて
毎回毎回、あーっ!と驚いて口開いたまま観てます。次が観たくて観たくてたまらなくなります。
とにかく、熱いドラマです。力が湧いてきます。仲間がいるよ〜って泣きたくなります。
というか毎回めっちゃ泣いてます。せつないです。あたたかいです。人間っていいなって思います。
そんなドラマを書いた作家さんの他の作品を読んでみたくなりました。気合入れて読破します。

池井戸潤作品a.jpg
ラベル:池井戸潤 陸王
posted by YOH at 12:45| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

エドレンジャーショー

江戸川区のヒーロー エドレンジャーのショーを観てきました。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
江戸川区の商店街を衰退させ、区民を服従させようと企む蒼の不景鬼将軍率いるシャッター軍団。
そうはさせまいと立ち上がった若者3人は、「江戸川の三光玉」によって選ばれし勇者たちだった!
彼らの名はエドレンジャー。中華料理屋の三代目 赤橋烈火、八百屋の二代目 緑川平次太、植木屋の
長女 桃木桜子が、それぞれエドレッド、エドグリーン、エドピンクとして日夜悪の組織と戦っている。
彼らのピンチを救うため現れた魚屋の創業者 金園魚右烈も加わりエドゴールドとして活躍中である。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
エドレンジャーの紹介ページはこちら

エドレッド

20171210_エドレッド.jpg

エドグリーン

20171210_エドグリーン.jpg

20171210_エドレッド_エドグリーン.jpg

エドピンク

20171210_エドピンク.jpg

エドゴールド

20171210_エドゴールド.jpg

蒼の不景鬼将軍

20171210_蒼の不景鬼将軍.jpg

紅の無一文将軍

20171210_紅の無一文将軍.jpg

ショーを観るのは二度目ですが、お話も新しくなり新キャラクターも加わって賑やかになっていました。
子供たちにとても人気で大人もワクワクしてしまうショーでした。アクションめっちゃカッコ良いデス。
posted by YOH at 12:23| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

怖い絵展

『怖い絵展』を観に、上野の森美術館へ行ってきました。

20171125_ueno_01a.jpg

開館前から並んだのに90分待ちって怖いなー怖いなー。
何ヶ月も前から前売チケット買って楽しみにしてたのに、
満員電車並みの混雑の中観なきゃいけないなんて怖いな怖いなー。
↑いやいや、どうして。って…こっちが聞きたいわっ!!

そんな過酷な状況の中でも(笑)一番の目玉である
ポール・ドラローシュの『レディ・ジェーン・グレイの処刑』(1883年)はじっくり観ました。
これ観ないと何のために来たのかわからないからね〜。
たった9日間だけの玉座から追われたイギリスの王女ジェーン・グレイが目隠しをされ、
目の前には首を置く台が置かれ、まさに処刑されようとしている瞬間を描いた作品です。
16歳という若さで処刑されてしまった元王女の肌の白さが目に焼きつきました。

他に印象に残ったのは、
ハーバート・ジェイムズ・ドレイパーの『オデュッセウスとセイレーン』(1909年)
ギリシャ神話に登場する英雄オデュッセウスはセイレーンの住む場所を訪れる。
セイレーンとは美しい歌で男を惑わし、海に沈める怪鳥。
船員は皆耳を蠟で塞いだが、オデュッセウスはそのままだったので
正気でいられなくなりマストに縛りつけられている様を描いた作品。
セイレーンは水に浸かった部分が魚で人魚のように見えるけど「鳥」なんですね。

そして、ポール・セザンヌの数少ないダークな作品の中から『殺人』(1868年)
これも衝撃的だったので心に深く残りました。
題名の通り、ひとりの女性をふたりの男女が殺そうとしている生々しい描写の作品。
この3人がどういう関係でいったい何があったのか想像が拡がります。

それにしても…
一番怖いのは、この『怖い絵展』のわけのわからないフィーバーぶりだわ…。

20171125_ueno_02a.jpg


最後に、並んでるときに撮った景色を載せておきます。
おかげで上野の紅葉がゆっくり見られました(笑)

20171125_ueno_03a.jpg

20171125_ueno_04a.jpg

20171125_ueno_05a.jpg

20171125_ueno_06a.jpg
posted by YOH at 12:37| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

第16回クリスタルレイク作品『森の小人』

クリスタルレイクさんの最新作『森の小人』

クリスタルレイクは、2009年にガザビプロデュースでお世話になったしかたともこさんが主宰しています。
お会いして以来すっかりともこさんと素敵な仲間たちさんのファンになり、毎年楽しみに拝見しているのに、なんと!今年はうちの劇団と日程がまるっきり重なってしまってガーーーン!!
しかし、ともこさんのご厚意で通し稽古を見せていただけることになり、稽古場におじゃましました。

公演2週間前なのに、本番さながらの完成度と迫力に圧倒されました。
段取り的には衣装替えが一番大変とのことで、早くから衣装をつけて通すそうです。
歌、ダンス、お芝居に加え、今回は楽器も登場して賑やかに。

ともこさんが描く不思議可愛い妖怪たちの世界は、ときにせつなくときに優しく、観るものの心を
温かい色に染めてくれます。
一度会ったら家に連れて帰りたくなるほど愛らしい妖怪たちにぜひ会いに行ってみてください。
きっと妖怪たちが大好きになります。この素敵すぎるチラシデザインもともこさん作です☆
あ、デザートとご観劇のハシゴなんていかがでしょうか?ぜひ!!(笑)

クリスタルレイク_16_表a.jpg

クリスタルレイク_16_裏.jpg
posted by YOH at 12:30| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

東京ワンピースタワー

7ヶ月ぶりの東京タワー。

20170920_tokyo_tower_a.jpg

そして、とうとう行ってきました、東京ワンピースタワー!!
いやー、こんなにしあわせになれる空間がこんな近くにあったなんて…。
もっと早く行けばよかったワ♪

まず入口の”360ログシアター”でクルーと一緒にこれまでの冒険を振り返ると
船長の声がして夢の島への扉が開きトンガリ島へ到着!!

うまく撮影できなかったけどエスカレーターにもキャラクターが描かれてて
上っていく間にテンションMAXですよ!

今は連載20周年企画をやってます。

20170920_one_piece_tower_01a.jpg

20170920_one_piece_tower_02a.jpg

白ひげ!でーーーかっ!!カッコ良い背中デス。

20170920_one_piece_tower_03a.jpg

ふふっ 真っ先にトラ男とツーショット!

20170920_one_piece_tower_04a.jpg

そして、バーソロミュー・くまの手にも乗る!

20170920_one_piece_tower_05a.jpg

偉そうにしてますが、足届いていません。あはは〜。

20170920_one_piece_tower_06a.jpg

お目当てのショーは想像以上にカッコ良すぎて、もー訳わからなーい!(笑)
フラッシュと動画以外は撮影OKなので撮る気満々だったのですが、
素敵すぎてシャッターきるのを忘れ、口ポカン状態で固まって観てました。
終了間際にやっと我に返って何枚か撮る。

20170920_one_piece_show_01a.jpg

20170920_one_piece_show_02a.jpg

20170920_one_piece_show_03a.jpg

20170920_one_piece_show_04a.jpg

ショーが終わると同時にリピート願望が溢れ出しました!!

今回は、”360ログシアター”の他に”チョッパーのサウザンドサニー号探検”に
行きました。次回は他のアトラクション、レストランやバーにも行ってみたいな〜♪

20170920_one_piece_tower_07a.jpg
posted by YOH at 12:57| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

SPITZ30 ジャケ写Tシャツ

スピッツ30thコンサートに行けなかったのは、それはそれはとても残念ですが、
このジャケ写シリーズTシャツを着てお祝いしてマス。
1stアルバム『スピッツ』(左)と4thアルバム『Crispy!』
基本的にジャケ写には登場しないメンバーですが、このインディアンメイクの人は
マサムネ氏本人です。似合ってますネ♪

spitz30thTシャツa.jpg

DSC_3877a.jpg

※ファンとアーティストが心からコンサートを楽しむためには、
この世から《チケットの高額転売》という恥ずべき行いが消滅することを願わずにはいられません。
ラベル:spitz30
posted by YOH at 12:31| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

『新感染 ファイナル・エクスプレス』

韓国映画 『新感染 ファイナル・エクスプレス』を観て来ました。

ソウルから釜山へ向かう高速鉄道KTX。
ソウル駅で何者かに噛まれウイルス感染した女性が発車直前の釜山行きに乗車する。
その後、列車内で乗客が次々に襲われ増えていく感染者たち。その感染力は凄まじい。
謎のウイルスに感染した者は人に噛みつき噛みつかれた者はまた人を襲う、まさにゾンビ。
時速300kで走行中の密室の中で短時間にみるみる増え続ける感染者の群れから逃れ、
脱出する術はあるのかっ!?乗客たちの運命やいかに!!といったお話。

いわゆるひとつのゾンビ映画なのですが、単なるホラーではなく描かれているのは
人間、人間、人間…どこまでいっても人間なのです。
ゾンビという非日常の恐怖を通して、人間の強さ、弱さ、冷たさ、優しさ、悲しさ、儚さ、
醜さ、愚かさ、純粋さ、潔さ…をリアルに描き出すヒューマンエンタテインメント。

乗客は、仕事に没頭し家庭を顧みない主人公とその幼い娘、妊婦とその夫、
高校球児とその恋人とチームメイトたち、バス会社の常務、老姉妹、ホームレス風の男。

家族は愛しているが、利己的な行動ばかりとってしまう主人公が他の乗客たちと
出会い触れ合うことで次第に心を成長させていく。
乗客個々にドラマがあり、大人顔負けの子役の真迫演技は貫禄さえ感じさせるっ!
クライマックスは滝のように流れる涙!まさかのゾンビで泣きっぱなしってアリ?…(笑)
物凄い数のゾンビの襲撃ではダンスのように鍛えられた動きにも釘付けになる。

ゾンビといってもグロい場面は一切ないので、ホラーが苦手な方にもオススメです。
見ているだけで痛そうな激しいアクションシーンは結構ありますが…。

監督はヨン・サンホ氏。もともとはアニメーション畑の方だそうです。
そして、この映画の前日譚を描いた同監督のアニメ「ソウル・ステーション/パンデミック」も
9月30日(土)から公開されます。これも観なければっ!!
posted by YOH at 12:44| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

うしろシティ 第8回単独ライブ 『とはいえ外はサンダー』

先月、座・高円寺2で行われたうしろシティの単独ライブ追加公演に行ってきました。
2015年1月に松竹60ライブでうしろシティに出会ってその演技力に衝撃を受け、
約2年半の間、月に1、2度新宿角座に通っています。
昨年はじめて観た単独ライブで完全に魅力にとりつかれ今年もはりきっていましたが
チケットが取れず意気消沈していたところ追加公演の朗報が届きました。
もうね〜、これは生で観ないと絶対に後悔する!!という内容でした。ラッキーです。

阿諏訪さんと金子さんの最強コンビが織り成すシュールで狂気的なうしろワールド。
全10本のコントのどのネタも細部までものすごく練られていて隙がない。
ほんわかしたビデオネタを挟みつつ繰り出されるたくさんの技に目を耳を心を奪われた。
ライブ名は『とはいえ外はサンダー』だが、劇場の中にサンダーが光り落ちまくっていて
その可笑しさとせつなさ、訳のわからなさの塊が今でも魂の奥に効いているようだ。

おふたりとも本当におつかれさまでした。嬉しい楽しい時間をありがとうございました。
今後も劇場に通うのがとても楽しみです♪
posted by YOH at 12:28| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

『ギガ恐竜展2017 地球の絶対王者のなぞ』

今年も幕張メッセへ恐竜たちに会いに行ってきました。
昨年はなかったので待ちに待った2年ぶり〜!

ギガ恐竜展2017ポスター1.jpg

ギガ恐竜展2017_1a.jpg

ギガ恐竜展2017_2a.jpg

ギガ恐竜展2017_8a.jpg

今回の一番のみどころは”世界最大級の竜脚類 ルヤンゴサウルス”の全身復元骨格。
全長約38m。地面から頭までの高さが14m…ってマンションの5階くらい?
白亜紀前期の中国の地層から発見されたルヤンゴサウルスだが、
当時の植物もギガサイズだったのだろうか?

ルヤンゴの大腿骨、でかっ!。背骨はガードレールみたい!!(驚)

ギガ恐竜展2017_4a.jpg

ギガ恐竜展2017_3a.jpg

う〜ん…どんなに離れても全体が写真に納まりきらない。さんざん撮ったけど、
結局、会場から出てすぐの階段の上から撮ったものが全体像になってしまったという…(汗)

ギガ恐竜展2017_10a.jpg

やっぱりティラノは絵になるわ。

ギガ恐竜展2017_5a.jpg

これはアジアに生息したティラノの仲間、タルボサウルスの頭骨。

ギガ恐竜展2017_9a.jpg

トリケラトプスを見るとなぜか安心(笑)

ギガ恐竜展2017_7a.jpg

ビスタヒエベルソルというティラノの仲間(ロボット)。
そう大きくはないんだけど、まるで生きているような滑らかな動きが迫力満点!!

ギガ恐竜展2017_6a.jpg

個人的に好きなコたちデス^^

ギガ恐竜展2017_11a.jpg

ギガ恐竜展2017_13a.jpg

ギガ恐竜展2017_15a.jpg

ギガ恐竜展2017_16a.jpg

中でもお気に入りの1枚はコレだったりする(笑)

ギガ恐竜展2017_14a.jpg

誕生してから1億6千万年もの間、地球の絶対王者として君臨し続けた恐竜。
それに比べたら人類の歴史なんてほんっっとーにちっぽけなものなんだから、
せめて争わずに仲良く暮らしたいね。

出口のところにあった立体的に写る記念写真。コレおすすめ!(笑)
いわゆる”だまし絵”なんだけど、こんな風に写ることを踏まえて、
いろいろなポーズで試してみたいと思ったけど列ができてたので諦めた。
これから行く方はぜひ、あそんでみてね!

ギガ恐竜展2017_18a.jpg

あ、あなたは福井から来た恐竜博士!以前、有楽町でお会いしましたね。
ここで再会できるなんて嬉しいデス。
福井へ行く夢がますます拡がってきました。

ギガ恐竜展2017_17a.jpg
posted by YOH at 12:28| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

ぽっぺんらくご会

ざぽっぺんさんの ぽっぺんらくご会 − 三者三《笑》 − に行ってきました。

ざぽっぺんさんとは今年2月『東日本あとおしプロジェクト2017 Lives−生きる−』で
ご一緒させていただきましたが、そのときは落語を拝聴することができなかったので
今回初めてでとてもわくわくしながら出かけました。

会場は勝手知ったる”遊空間がざびぃ”さんなのでリラックスできていい感じ〜。
がっ!座席に座ってまず目に飛び込んできたのは、まさかの”あみだくじ”!!
いやいやいやいや、これで順番を決めるわけじゃ…てか他に使い道ないよね…。
こわっ!こわこわこわっ!!なんだか私までがドキドキしてきた…。
やはりそれは登場順を決めるくじで、お客さんが何本か線を書き足して順番が決まりました。

まず始めは、上方落語の播州亭 玉椿さん、演目は『皿屋敷』。
私たちがよく知っている「番町皿屋敷」とはだいぶ様子が違っていて、ノリの良い幽霊
お菊さんが超人気者の”会いに行けるアイドル”になっちゃうという笑い話。

紅一点 日野亭 物久さんの『お花半七』は、純情な若者半七と積極的な娘お花との
可愛らしくてちょっと色っぽいお話。半七のおじさんと奥さんが若い二人を見て自分たちの
若かりし頃を思い出す場面のデレデレの奥さんがすんごく可愛かった。

トリは、あたり家 大穴さんで『唖の釣り』。
殺生禁断の不忍池で鯉を釣り売っている悪事をうっかり与太郎に話してしまった七兵衛は、
釣りに与太郎を連れていく羽目に。見張りの役人に見つかったら悲しい身の上話をして
見逃してもらう手はずだが、与太郎は唖(おし)。唖とは昔の表現で話せない人のことだが、
役人に見つかってしまった与太郎はどうなる?そして七兵衛は?ハラハラドキドキのお話。

落語を聴いていつも不思議に思うのは、枕から本題に入るときの語り口の滑らかさです。
気がつくと、もう心を掴まれているあの感じ。まるでマジックのようです。
いつの間にかスーッとお話の世界に連れて行かれる心地よさが大好きです。

お三人さま、おつかれさまでした。三人三様のとても楽しいお話をありがとうございました。
またお目にかかれるときを楽しみにしています。
posted by YOH at 12:50| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする