QRコード

2017年02月16日

河津桜

もう桜が咲いていてびっくりしました!!

20170216桜a.jpg
posted by YOH at 12:26| Comment(0) | 春夏秋冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

準備中です。

昨日、2月14日は稽古場にチョコレートが飛び交っていて面白かったデス♪
そして、帰りになぜかせんせい(TTD鈴木♂)がみんなにチョコくれた(笑)

そこで、ちょっと調べてみました。
イギリス、イタリア、中国では、男性が女性にあげるのが習慣なんですって。
韓国は日本と同じで女性から男性に。
アメリカは男女関係なく日ごろお世話になっている人同士があげたりもらったり
するそうですよ。
ドイツはカップルや夫婦のみだそうで、片思いの人はあげちゃいけないなんて
決まりがあったりして、国によってずいぶん違うんですね〜興味深い!!
そんなバレンタインデーでした。


さて、デザート出演の『東日本あとおしプロジェクト2017 Live-生きる-』が
近づいてまいりました。
デザート初の朗読劇に緊張しながらも、充実した稽古をしております。
一日だけの公演ですが、お時間ありましたらぜひ!お越しくださいませ。
お待ちしております。


『東日本あとおしプロジェクト2017 Lives−生きる−

最終決定版Livesあとおし2017.jpg

と  き  2017年2月26日(日)
       第T部 13:00開場 13:30開演
       第U部 18:00開場 18:30開演

と こ ろ  遊空間がざびぃ
       東京都杉並区西荻北5-9-12 そらの上
       JR 中央線・総武線「西荻窪駅」北口より徒歩8分

第T部  ざぽっぺん 落語 『ぽっぺんらくご会』
       ASP     舞台 『Fiction』
       集合芸術ANDAZ 一人語り 『駆込み訴へ』

第U部  東京天然デザート 朗読劇 『つぎの物語がはじまるまで』より4編
       鼓夢ユニット 和太鼓 『和舞達』

東京天然デザートは朗読劇に初挑戦します!!
『つぎの物語がはじまるまで』より
「オバP」「ハンマーダディの杞憂」「雪見酒 」「チョウエンキョリレンアイ 」
の4編を上演します。
短歌:天野慶
脚本:岩本憲嗣
演出:月島輝
出演:カミムラシゲル/星河里奈/柏崎敏希/中臺広樹/平野麻希子/YOH

チケットカンパ制になります。募金箱に頂戴いたしましたお気持ちは
 すべて、復興の場で尽力されているNPO法人の方々にお届けします。
posted by YOH at 12:18| Comment(2) | ご報告・お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

なかなか食べられないチョコボール

ダマされちゃう?チョコボール
『あけくち』を探せ!!クエッ、となんだか悪そうなキョロちゃん登場。

dama_kyoro1a.jpg

まずはふつうに…

dama_kyoro2a.jpg

いや、ココは絶対違うな(めっちゃ睨んでる/笑)

dama_kyoro3a.jpg

反対側でもない。

dama_kyoro4a.jpg

じゃあココか?おめでとうクエッ?…って穴が微妙に小さい。

dama_kyoro5a.jpg

ならば、ココじゃ!!…って、もっと小さいわっ!

dama_kyoro6a.jpg

しかし、『よーくみる』をはがしてみると…出てきたぁ!!

dama_kyoro7a.jpg

dama_kyoro8a.jpg

他にも、こんな変り種チョコボールに出会いました。
横型、そして内容量が倍以上のひとまわり大きな箱。

yoko_kyoro_a.jpg

deka_kyoro_a.jpg
posted by YOH at 12:29| Comment(0) | 食す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

『東日本あとおしプロジェクト2017』まであと少し

公演まで2週間をきりました。楽しんでいただけるようデザート一同奮闘中です。

『東日本あとおしプロジェクト2017 Lives−生きる−

最終決定版Livesあとおし2017.jpg

と  き  2017年2月26日(日)
       第T部 13:00開場 13:30開演
       第U部 18:00開場 18:30開演

と こ ろ  遊空間がざびぃ
       東京都杉並区西荻北5-9-12 そらの上
       JR 中央線・総武線「西荻窪駅」北口より徒歩8分

第T部  ざぽっぺん 落語 『ぽっぺんらくご会』
       ASP     舞台 『Fiction』
       集合芸術ANDAZ 一人語り 『駆込み訴へ』

第U部  東京天然デザート 朗読劇 『つぎの物語がはじまるまで』より4編
       鼓夢ユニット 和太鼓 『和舞達』

東京天然デザートは朗読劇に初挑戦します!!
『つぎの物語がはじまるまで』より
「チョウエンキョリレンアイ 」「雪見酒 」「オバP」「ハンマーダディの杞憂」
の4編を上演します。
短歌:天野慶
脚本:岩本憲嗣
演出:月島輝
出演:カミムラシゲル/星河里奈/柏崎敏希/中臺広樹/平野麻希子/YOH

チケットカンパ制になります。募金箱に頂戴いたしましたお気持ちは
 すべて、復興の場で尽力されているNPO法人の方々にお届けします。
 
一回だけの公演ですが、お時間ありましたらぜひおいでくださいませ。
お待ちいたしております。
posted by YOH at 12:43| Comment(0) | ご報告・お知らせ・ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

鴨だらけ〜!!

水面が凍っている日もこんなふうに集ってるのよね〜。

鴨いっぱい.jpg

posted by YOH at 12:08| Comment(0) | 歩く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

検査デー

今回の検査はハーフコースなので、痛〜いマンモグラフィーも
100%注射を失敗されるアイソトープ(骨のレントゲン)もありませんでした。
が!!診察が過去最高の4時間半待ち〜!!
って、ディズニーランドかっちゅうねん!!(前にも書いたわ…)
でも、主治医が一日で100人近い患者さんを診ていると聞いて言葉が出ませんでした。
私が通い始めた頃に比べたら確実に患者さんが増えてるし病院の事情も変わったようです。
いつも明るい主治医の顔から笑顔が消えていて心配になりました。

おかげさまで、術後8年半の検査も異常なしでした。
『生かす』というお仕事を頑張ってくれている人への恩返しは、
元気で一生懸命『生きる』ことしかないと思いました。

posted by YOH at 12:06| Comment(0) | 病気のこと その1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

本日のあるじ その9

まるっ!!

本日のあるじ_20170205a.jpg
posted by YOH at 12:23| Comment(0) | 猫日和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

ロボット兵

甥っ子作ラピュタのロボット兵。
私、小2の時こんなん作れなかったよ。すげーっ!!

ロボット兵a.jpg
posted by YOH at 12:50| Comment(0) | オババカな日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

恵方巻き

お昼に恵方巻きを食べました。毎年のことですが方角がよくわからないままです。
コンビニの恵方巻きは種類が豊富で迷いに迷って海鮮にしました。
昔のように豆まきはしないので、せめてこれだけでもネ。
年の数だけ大豆食べるの大変だから〜(笑)甘納豆とかピーナッツなら喜んで♪

DSC_3208.JPG


ラベル:恵方巻き
posted by YOH at 12:35| Comment(0) | 食す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

『エキスポ』

先日、劇団トローチの『エキスポ』を観て来ました。
演出は昨年ワークショップでお世話になった劇団道学先生の青山勝さんです。
脚本は同じく道学先生の中島淳彦さん、劇場は赤坂RED/THEATER。

何年ぶりかに赤坂見付の駅に降りました。
駅ビル内にビックカメラがあり、目の前のお酒コーナーにふらふら入ってみると
ちょこっとつまめる魅力的な酒の肴がヅラ−リ!(そこ?)
スティックの焼きチーズを買ってハマる(笑)

駅のそばのマクドがなくなっていたが、イートインのナチュラルローソンが
できてたので(前からあった?)、入っておにぎりを食べながらねこあつめる。
その後、通りを散歩するも飲み屋しかない(笑)…ようするに時間を潰す。
いや、私にとって赤坂は六本木や表参道と同じようにアウェイな場所なので、
隅から隅まで確認しないとどうも怖いのである。

さて、劇場に入ってチケットの列に並んでいると聞き覚えのある声がっ!!
声のほうを向くと、ワークショップで一緒になりうちの劇団にもあそびにきてくれた
青年が爽やかにチケットをもぎっていた。元気にやってるなあと母の気持ちになる。

ハイ、やっとここから本題です(笑)ゴメンナサイ。
『エキスポ』は、以前加藤健一事務所で拝見しました。
日本中が大阪万博に湧いた1970年、ある一家の葬儀の日の出来事を描きます。
昼は食堂、夜は連れ込み宿を営む働き者の母親が突然亡くなり皆てんやわんや。
誰も知らない弔問客や訳ありカップル、秘密を抱えた人々の思いが渦巻いていく。

コメディですが、母親が60代の若さで、しかも突然亡くなったという設定なので、
あまり軽いタッチだと受け入れ難いですよね。
特に身内をなくした経験がある人は違和感を感じるのではないかと思いますが、
その辺りの涙と笑いの描き方が理想的なバランスで悔しいくらいにツボでした。

中島さんの作品は人に優しく温かく、いつも劇場から帰る足取りを軽くしてくれます。
何度も観て温まりたいと思っちゃうのです。
posted by YOH at 12:37| Comment(0) | エンタメ・イベント・展示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする